Hidcote Manor Garden 2


ヒドコート・マナー・ガーデンのザ・サークルからフクシア・ガーデンに行きます。





中央に植えられているのは白斑の葉を持つフクシア・マゲラニカ・ヴァリエガタ。








このフクシアには「ヒドコート・ビューティ」という名が付いている。





フクシア・ガーデンから石段を降りていくと、





円形のプール・ガーデンです。





ウォーター・プールのそばに咲いていた青いケシとコリダリス。








ここはピラー・ガーデンといって列柱を表現したものです。





なんと言ったらよいか、不思議な空間です。








6月に訪れるとピラー・ガーデンにはクリーム色の美しいボタンが咲いていた。
ちょっと茶色がかっていて何とも素敵な色。





ピラー・ガーデンから幾筋かの道がウッドガーデンの方に伸びていて、
ここはシャディ・ガーデン、つまり日陰の庭と呼ばれている。





アリウム・アフラツネンセ





シャクヤクにオダマキ、ヒナゲシ、ゲラニウムが混ざってフェミニン・カラー。











ここはロック・バンクと呼ばれるコーナーで、
地中海性のトロピカルな多肉植物などが植わっている。








レンガ敷きのサークル・スペースの中央に日時計のある庭はウインスロップ・ガーデンと呼ばれ、
青い花もところどころにあるものの黄色い花が支配的なイエロー・ガーデンです。





何よりも目を引くのはユニークな葉色のコルディリネ。この剣葉の植物の存在感は素晴らしい。
茶色っぽい色の植物はとても少ないのでこのコルディリネ・アウストラリス・レッドスターと何を組み合わせるかは
園芸家のチャレンジ精神をくすぐる。
周囲にはアルケミラ・モリス、ルピナス、リシマキア、ヘメロカリス、アリウム・モーリーなどの黄色い花が植わっている。


























シャディー・ガーデンからウッド・ガーデンへと細い道が続く。











石橋もあって森の散策が楽しめる。






Hidcote Manor Garden 3

HOME INDEX PAGE

ウィズリー・ガーデン シシングハースト・カースル グレイト・ディクスター
スコットニー・キャッスル ナイマンズ ウェイクハースト・プレイス
ウェスト・ディーン・ガーデンズ ウェスト・グリーン・ハウス デンマンズ・ガーデン
ハドスペン・ガーデン ヒントン・アンプナー モティスフォント・アビー
ヘスタクーム バーリントン・コート ベス・チャトー・ガーデン
ヘルミンガム・ホール ブレッシンガム・ホール ハットフィールド・ハウス
ウォーターペリー・ガーデンズ ヒドコート・マナー・ガーデン キフツゲート・コート・ガーデン
スードリー・カースル・ガーデン ボートン・ハウス・ガーデン バーンズリー・ハウス
バスコット・パーク カムデン・ハウス ザ・マスターズ・ガーデン
コトン・マナー・ガーデン キュー・ガーデン リージェンツ・パーク
セント・ジェームズ・パーク ニュービー・ホール レーヴェンス・ホール
ボドナント・ガーデン ロイヤル・ボタニック・ガーデン ドラモンド・キャッスル
ピットメデン・ガーデン